厨房・排気ダクト清掃施工実績 > 商業施設・ビル

リーガロイヤルホテル大阪

  • 都道府県
    大阪市北区
    竣工
    2013年6月
  •  

    厨房用の排気ダクトは建物の一設備として、建築基準法や消防法等に基づいて設置されていますが、その用途上、油塵等の付着や堆積により汚染・腐敗しやすく、放置していると換気機能の低下を招くとともに火災発生の危険性や衛生上・美観上の問題を引き起こす恐れがあります。特に油塵の付着は火災の拡大や、煙の拡散を防ぐダクト内の防火ダンパーの作動を妨げる危険性があり、一旦火災が発生した場合、厨房ダクト内を通して重大な延焼火災を引き起こす可能性があります。排気ダクトの中は、長年のご使用により粉塵や繊維質で閉塞状態にあり、排気性能の低下を招いています。 大阪ウイントンでは、十分な排気量確保のため、ダクト内部の清掃をお奨めしています。 良好な状態でご使用いただくことで、臭気問題の解消やカビの発生を防止すると共に排気ファンの効率を高め、結果的には機器の延命・経費の削減につながります。定期的に排気ダクトの清掃を行うことにより、火災などのトラブルの可能性を大幅に減らすことができます。各種ダクトの構造や建物内環境をきめ細かく現地調査・分析し、最適な清掃法を用いてクリーニングいたします。
    ※ 基本的に2~3年に1回の清掃をお奨めしています。

     

     

お問い合せはこちら

Top